TWELVE

お客様とのエピソード

こんな物、効くわけない!

販売会初日にブースを整えて、いよいよ販売会をスタート!お客様にお声がけをしていました。すると、筋骨隆々の70歳前後の男性から「こんな物、効くわけない!」といきなり厳しいお言葉が飛んできました。私も突然の出来事でしたのでビックリしましたが、まずは最大限の笑顔で挨拶をさせて頂きました。その後も立て続けに「効くわけない!」「信じられない!」というお言葉を頂きましたが、まずはとにかくお客様のお話しを聞く事に徹しました。一通りお話を聞いた後、「最後に一度だけ体験して頂けないでしょうか」とお願いをしました。もちろんお客様に怒られる事は怖かったです。しかし、それ以上に「商品には自信がある。体験さえしていただければ分って頂ける!」という想いから、勇気を出して提案しました。 「まあ、いいよ」と、何とか5分だけ体験して頂ける様になり、ドキドキしながらデモをスタートさせました。すると商品の体感の凄さが伝わりお客様からの質問も増え、5分が10分に、10分が30分になりました。ご説明の間は商品のお話しだけでなく、同じ野球部出身という事で盛り上がり、色々な事をお話しさせて頂きました。

別れ際に「俺は健康で必要ないけど、良い物なのと、お兄さんが悪い人では無いのはわかった」と言われ、笑顔で帰って行かれました。その日以降、商品の事は勿論、毎日色々なお話をする仲になりました。販売会も最終日になり、そろそろ片付けようかなと思っていると、そのお客様と奥様が来て下さり、「妻は膝が悪くて運動できないんだ。そういう人にもオススメ出来るって言ってたよね?」と声をかけて下さいました。「毎日お兄さんから詳しく聞いたから、俺に商品の説明は大丈夫。妻に詳しく説明してくれ」との事でしたので、奥様に商品の使い方についてご説明させて頂きました。旦那様は奥様が体験している間「膝は痛くないか?」「運動している感じはあるか?」など、優しく声をかけていらっしゃいました。結果として、お二人には商品を気に入って頂く事ができ、購入する運びになりました。

最後に聞いたお話なのですが、奥様いわく「俺を見た目で判断せず、よく話してくれる、面白くて良い奴がいるんだ。そいつが良いと言っている商品だからお前も使ってみろ」と毎日家でお話していたそうです。家で楽しそうに話している旦那様を見るのが久しぶりだったそうで、奥様にも大変感謝をされました。

返り際に旦那様から声を掛けられました。「妻がまた元気よく歩けるようになったら俺も嬉しいから、毎日使うようにチェックしておくね!こんな俺の話し相手になってくれてありがとう」そういうと旦那様は照れ臭そうに去っていきました。毎日楽しくお話しさせて頂き、購入までして頂き、感謝するのはこちらの方なのに。

旦那様から頂いた感謝の言葉は今も僕の心の奥底で温く輝いています。